トップページ | 利用規定
  一発競争入札システム

(株)友林堂
(株)友林堂



特徴

v1.04まではバグがあるのでバージョンアップしてください。

  • 管理者=出品者のオークションシステムです

    Yahoo!オークションなどのシステムは、管理者が設置したオークションシステムを利用して、一般の方が商品を出品するものですが、 この一発競争入札システムは、管理者だけが出品者になるシステムです。要するに、あなたが自らの商品を出品するために使うものです。

    あなたの手作りの商品や、プレミア中古品などの商品を、最低価格をつけて出品し、最終的に価格を入札で決めてもらうものです。

    なお、入札者は登録制です。

    参考 フリーマーケットシステム

    ▼入札画面
    入札する
      ▼落札画面
    落札後

  • 入札方法について

    Yahoo!オークションのように自動入札により競争価格が低く抑えられるのとは違い、 入札者の言い値(勝負値)で売ることが出来るというメリットがあります。

    多くのみなさんに馴染みがあるYahoo!オークション等と比較して、入札方法の違いについて説明します。 入札額に上限がないだけで、自治体等による工事発注の競争入札に似ています。

      一発競争入札システム Yahoo!オークション よくある美術品のオークション 工事発注の競争入札
    入札方法 落札したい額(購入する額)を1口設定(途中で変更・取消は可能) 最高入札額(入札単位で自動入札 その場で入札相手と競争 落札したい額(購入する額)を設定(変更不可・一発勝負)
    他の入札者の入札額を 知ることが出来ない 知ることが出来る(最高額は知ることが出来ない) 知ることが出来る 知ることが出来ない
    落札条件 締切後に集計し最高入札額者が落札(同額の場合は先に入札した方が勝ち) 締切時点での最高入札額者が落札 競争の動きがなくなった時の最高額者(締切はオークションマスターの判断) 締切後に集計し自治体が設定した額に一番近いもの
    落札額 入札した額そのもの 自動入札で得た最終額(最高入札額を下回る場合あり) 入札した額そのもの 入札した額そのもの

    【入札の例】

    最低入札額が1,000円のオークションで、参加者は1,000円以上を入札額として設定します。 その額は、参加者が落札者になった場合に支払う額そのものです。 この設定額は締切までの間は何度でも変更が可能で、取り下げも可能です。 締切までに設定したこの額で、締切後に他の方の額と比較が行われます。

    例えば、参加者が10,000円を入札し、他の方がそれぞれ3,000円、5,000円を入札していたとすれば、 10,000円を設定した参加者が落札者となり、落札額は10,000円となります。

    なお、Yahoo!オークションでは自動入札という仕組みがあり、 入力した額(参加者が買ってもいいと思う最高入札額)まで競争相手と入札単位(現在の額により決められる)で自動的に競争し、 最終的に競争相手が入力した額+入札単位があなたの落札額になり、入力した最高入札額よりも低い額で購入することが可能ですので、 大きなそこに違いがあります。

    例えばYahoo!オークションで、参加者が最高入札額として10,000円を入札し、他の方がそれぞれ3,000円、5,000円を入札していたとすれば、 落札単位が500円である場合、自動入札により(途中でさらに動きが無ければ)5,500円がこの方の入札額となり、 そして落札者となり、落札額は5,500円となります。

    例えば、よくある美術品やチャリティーのオークション等で、オークションマスターがその場を仕切りながら、入札者が額をその場で言い、 それを聞いて他の入札者がそれより高い好きな金額を言うという競争をその場で繰り返し、行き詰ったところで落札、というのを見たことがあると思います。 この「一発競争入札システム」はその場での競争をしないで、自分が買う金額を1口入札し、締切後に一番高い額だった方が、その入札額で購入するというものです。

  • 商品画像サムネイル加工サービス付き

    商品画像を設定する場合、オリジナル画像のほかに一覧用にサムネイル(小さなインデックス用画像)を別途用意する手間が必要でした。 画像を加工するには、画像編集ソフトで行いますが、それをシステム側が自動的に生成できないかと思ったものです。 たとえば、Yahoo!オークション等で写真をアップロードすると、1枚目の写真は縮小写真も自動的に作成され、 オークション一覧などの表示用に利用されます。横が1024ピクセルを超える画像は、オリジナル画像もそのサイズに縮小します。

    Web上で画像を縮小加工するには相応のシステム(ImageMagick等)がサーバに用意されていなければならず、共用サーバではそれが困難なことが多く、 さらに独自サーバであっても、それらをインストールするに精通した技術者も必要となります。 当プログラムでは、アップロードした商品写真を当方のサーバに一旦送信し、縮小加工したものを送り返す処理(サムネイルサービス)を条件付無料で提供します。 これを利用する場合でも、オリジナル画像(写真)は巨大過ぎないようご注意ください。 アップロードにも時間がかかりますし、縮小処理できない場合もありますし、なによりも、お客様の画面に表示される画像がそのまま巨大になって迷惑がかかります。

    サムネイルサービスを利用する条件は次の通りです。

    • 当サービスはそのサービス継続を保障しません。利用者に連絡することなく、メンテナンスのために休止したり、サービスを終了する場合があります。
    • 当サービスはその実効性を保証するものではありません。動作結果が期待したものにならなくてもクレーム等はお受けできません。
    • 当CGI以外からの目的外利用を禁止します。(どこからどのようなデータが送られてくるかは任意にモニターし、チェックします。)
    • 当サービスを利用して加工する画像は、アダルト商品であっても構いませんが、違法または公序良俗に反するものであってはなりません。
    • 当サービスが不適切と判断したご利用は、利用者に連絡なく使用を拒否できるものとします。
    • 当サービスが任意にチェックすることはありますが、一時的に残る画像を一般に公開することは一切ありません。
    • 当サービスで加工できるのは、JPEG(.jpg)とGIF(.gif)です。必ず拡張子を付けてください。また、ファイル名に日本語を使わないでください。
    • 使用するにあたり連絡や承諾を求めることはありませんが、使用した場合はこれらに承諾したものといたします。

    サムネイルサービスを利用しない場合は、画像はそのままの状態でアップロードされ、表示上、指定のサイズに擬似縮小されて表示されます。 擬似縮小とは、画面に表示するために送られてくる画像はオリジナルそのものなので、相応の画像サイズの転送に必要な時間を要します。 そのため、できるだけ適切なサイズや容量の画像を用意して使用する必要があります。

  • その他

    • カテゴリー別に表示できます。

      ▼画像のみ一覧(基本)
      一覧:画像のみ
        ▼画像とタイトル一覧
      一覧:画像とタイトル
        ▼タイトルのみ一覧
      一覧:タイトルのみ

    • 3種類のリスト形式および締切日ソートが利用できます。
    • 入札日数は2〜7日まで指定できます。

      ▼商品登録
      商品登録

    • 入札受付中は質問と回答が出来ます。

      ▼質問と回答
      質問と回答
        ▼質問と回答
      質問と回答

    • 落札後は連絡掲示板でやりとりが出来ます。(メールでは不達等のトラブルがあるため)
    • 入札がなく終了した場合は、再出品が出来ます。(任意)
    • 入札希望者は事前に登録(メールと名前)をします。

      メニュー   新規登録

    • 利用者管理で、これまでの落札件数や最終落札日が見られます。


ダウンロード


重要】 知っておくこと

  • 期限までにサーバ停止やトラブルなどで入札・変更・取り下げができなかったりする場合も想定されるため、 それを含めた規約を作っておくことをオススメします。

  • データは随時任意にバックアップをして、非常時に被害が最小限になるように心がけてください。


Powered by CGI RESCUE(R)