トップページ | 利用規定
  パーミッションについて

(株)友林堂
(株)友林堂


はじめに

UNIXではファイルひとつひとつに、誰が何をすることができるかを指定するモード(パーミッション) を設定することができます。これはUNIXは複数のユーザによって利用される為です。


ファイルのパーミッションの覚えかた

  1. 一般的に次のように覚えておくといいでしょう。設定時に指定がある場合はそれに従います。

      ・通常の読み出すだけのHTMLやテキストファイルや画像 644
      ・CGIスクリプトやhtpasswdなどの実行プログラム 755
      ・データの記録などの読み書きできるファイル 666
      ・通常のディレクトリ 755(パーミッションはファイルだけではないです)
    

  2. 真ん中の数字はグループへの許可ですから、通常は必要ないはずです。 ですから、0に設定しても問題はありません。 しかし極一部のサーバでは何故かそうすると動作しないところもあるようなので、 各自確認の上実行してください。できれば604、705、606等にしたいものです。



FTPでモード設定できる場合

  1. 大抵のサーバではFTPでモード設定が可能になっています。操作方法については各FTPソフトの 説明を読んでください。パーミッション設定とかマスク設定とか、同じことでもいろいろな言葉が ありますので、把握してください。
  2. 例えば、あなたのホームページであるindex.htmlか何か、通常のHTMLファイルのモード変更を 行ってみましょう。
  3. 通常はファイルを新規転送することで、その新規に作成されたファイルのモードは 644になっています。もし666になっているようであれば、プロバイダに依頼して644になる ようにしてもらうといいでしょう。666では他のグループユーザがシェルから簡単にそのファイルを 書き換えることができてしまいます。なぜなら666はそれを許可するという意味なのですから。これは もう分かっていますね。
  4. FTPソフトでそのファイル(644になっていてもいなくてもいいです)を644に設定してみます。
  5. 実行結果が表示されると思います。もし、「SITE command not implemented」と表示されれば、 あなたのサーバではFTPでのモード設定ができないようになっています。後述するシェルで設定することになります。

(参考)

■FFFTP(Win)

  1. FFFTP

■Fetch(MAC)

  1. Fetch


UNIXシェルでモード設定する場合

  1. telnetなどでシェルに入ります。ここまではプロバイダで教えてもらって習得してください。
  2. モード設定したいファイルのあるディレクトリまで移動(cd)したり、ファイルリスト(ls)したりは UNIXコマンドリファレンスや参考書を参考にして習得してください。

    telnet% chmod
    使用法: chmod [-fR]  ファイル ...
            chmod [-fR]  file ...
                     はカンマで区切られた
            [ugoa]{+|-|=}[rwxXlstugo] のリストです。
    telnet% chmod 755 *.cgi *.pl
    telnet% chmod 666 *.dat
    ---------------------------------------
     rw-r--r-- = 644
     rwxr-xr-x = 755
     rw-rw-rw- = 666
    


Powered by CGI RESCUE(R)