トップページ | 利用規定
  CGIでパスワード制限3

(株)友林堂
(株)友林堂



特徴

CGIとJavaScriptを組み合わせたパスワードでページを制限する仕組みです。 1つのCGIの設置でページは複数用意でき、それぞれ別のパスワードを設定できます。 また、各ページ共通表示用の冒頭&下部域をCGIスクリプト内に設定できるので、 たくさんページを作った場合に、各ファイルはそのままにして、一斉に画面の色や冒頭や下部(シグネチャなどを記載)を変更することができます。


サンプルとダウンロード


- サンプル

- ダウンロード (private3.1.00.tar.gz) (伸張&展開の仕方)

- このシステムはフリーソフトですが、利用規定に従ってご利用ください。


備考

初期設定の一部抜粋。

#  設置構成 < >内はパーミッション相当値
#
#  |-- index.cgi <755> ... このスクリプト
#  |-- menu.cgi <644> ... パスワード入力用の画面 ※2
#  |-- ファイル名.cgi <644> ... 各表示用ファイル(ファイル名の部分にピリオドは用いないこと)※ 
#
#  ※ 表示用ファイルの1行目はタイトルバー用のタイトルを書いてください。(画面内には表示されません)
#  ※ 〜の〜の部分を書いてください。
#  ※ 表示ページに共通の冒頭部分と最下部部分はこのスクリプトの■部分に書くことが出来ます。
#
#
# ●パスワードの設定(英数字が望ましいが日本語でもOK)
#   $KEY{'拡張子を除いたファイル名'} = 'パスワード';
#   例えば"abc.cgi"のパスワードの設定は$KEY{'abc'}に設定します。
#   複数のページがあればコピーして追加設定してください。
#

$KEY{'page'} = '123456';
$KEY{'page2'} = 'がんばれ日本';


Powered by CGI RESCUE(R)