トップページ | 利用規定
  アクセス解析2(SSI式)

(株)友林堂
(株)友林堂



特徴

旧アクセス解析の場合は、設定した一定件数のデータ内で解析していましたが、 このアクセス解析2の場合は、日毎にログを作成しますので、その日のすべてのアクセスが記録されます。 このログは、昨日のログまで保存され解析でき、それ以前のログは自動的に削除されます。

  • ログ記録はCSV形式にしてあるため、エクセル等の表計算ソフトに読み込んで集計することも可能です。 日付.csvというファイル名でログが生成されますので、削除される前に保存しておくのもいいでしょう。

  • 蓄積ログが大きくなると解析結果処理に時間がかかり、処理時間がCGIタイムアウトを超えてしまって、 サーバエラーになることがあります。 たとえばASKネットでは、約4000件を超えるデータでこのエラーを起こすことがあります。 ソート処理をなくすことで解決させています。


ダウンロード

webaxs2.cgi ---------解析結果表示用(ソートあり)
webaxs2s.cgi ---------解析結果表示用(ソートなし)
webaxs2.pl
bar.gif (グラフ用画像)



設定と準備

  • 次の点に注意します。

    「SSIで起動されるwebaxs.pl内のファイル設定は、SSI記述するファイルから見た位置を設定する」

    [memo] AddType text/x-server-parsed-html .html を設定すると、 SSIを使わないHTMLもサーバはSSIを探しにきてしまいますので、サーバの負荷になります。 そこで、SSIを使うHTMLの拡張子を.shtmlとして、 AddType text/x-server-parsed-html .shtml と設定しておけば、 .shtmlだけをSSIを探して評価しますので、サーバ負荷を軽減できます。

  • 指定のパーミッションを設定します。特に、logディレクトリを777にするのをお忘れなく!


Powered by CGI RESCUE(R)