目次 | CGIレスキュー | 免責・問合
  Bフレッツ・RT-200KI・マルチセッションでIP8を併用する覚書

(株)友林堂
(株)友林堂


環境(前提)

  • NTT東日本・Bフレッツ(B-flets)・ハイパーファミリー回線。
  • ひかり電話専用ルータ(RT-200KI)がレンタルされる。
  • 同時接続可能セッションは2。
  • 光端末(ONU)とルータはWAN接続し、ルータのLANに繋いだスイッチングハブで各サーバやPCに接続。
  • 接続先1はAプロバイダのIP8契約(固定IP8個タイプ)。固定IPでWebサーバやDNSサーバなどの運用を行う。
  • 接続先2はBプロバイダのフレッツ光契約(動的IPタイプ)。PCで利用する。DHCP利用。
  • パソコンからは通常のインターネットを行うが、固定IPで見て回るのは気持ち悪いので(笑)、接続先2から出ていくように設定する。


苦悩

  • 接続先2をメインセッションにすると、PCは接続先2から出ていくので動的IPを付与される。
  • ところが、同時2セッション接続すると、接続先1の中から外は行けるか、なぜかインターネットから固定IP側(接続先1)にアクセスが出来ないし(入ってこない)、 ルータに割り振ったIPアドレスへも外部からpingも通らない現象が起きた。
  • 接続先2を無効にしてセッションを接続先1だけにしたら外部からサーバへアクセスできるようになった。
  • しかし、PCから外部へのアクセスには、固定IP(ルータのIP)になってしまった。


対策

  • メインセッションを接続先1に設定する。
  • DHCPはOFFにする。
  • 各PCはそれぞれ固定ローカルIPを割り振る。
  • ルーティングテーブル設定・送信元アドレスルーティング設定で、送信元アドレスにその固定ローカルIPを、 接続先を2に設定し、割り振ったIPあるだけ追加する。
  • 確認・送信後、反映。


駄目だ→対策

  • LAN側にはローカルLANとグローバルIPが混在しているが…
  • PCからLAN側の固定IPへアクセスが出来ない。
  • ローカルLANとグローバルを別のネットワークで構築しないと駄目だった。
  • ONUにスイッチングハブを設置し、そこに2つのルータをつけて、それぞれセッションを1つずつ設定で解決。


Powered by CGI RESCUE(R)